参列できない時のマナー

弔電や香典を送る

空

親族や友人が亡くなったら、どんな事情があってもお葬式は参列するのが最低限のマナーです。
しかし、どうしても外せない用事があって参列できないこともあります。
その場合は、事前にお葬式に参列できない旨を遺族側に伝えておく必要があります。
お葬式の案内状が届いているなら、早めに欠席に丸をつけて返送しておきます。
参列できない理由については、やむを得ない事情があり、急用がありなどと記入しておくのが無難です。
回りくどく長々と理由を記入すると遺族側としてはあまり気持ちがよいものではないので、完結に記入するのがお勧めです。
参列できない場合は、お葬式が行われる会場に弔電を送るのがマナーです。
弔電はお葬式の前日までに会場に届くように手配します。
大東市の会場であれば、大東市のどこの会場なのかあらかじめ住所をきちんと調べておく必要があります。
また、弔電の宛名は喪主です。
間違っても故人の名前宛に出さないように注意をする必要があります。
弔電の他に送るのが香典です。
香典は大東市の会場ではなく、故人の自宅宛に現金書留で郵送するのが一般的です。
香典の相場は地域や相手との関係で違います。
大東市であれば、親族なら1万円、友人や会社の同僚なら3千円が相場です。
香典にはお悔やみの気持ちを手書きで記入したお悔やみ状を添えるようにします。
また、お葬式に参列できなかったことを詫びる言葉を添えることも大切です。
香典も弔電と同じように、喪主を宛名に記入します。

自由な葬儀スタイル

式場

大東市内にはいくつか、葬儀場やセレモニーホールが建てられています。
大東市内に住んでいるという方の多くが、大東市内で執り行われるお葬式に参列した事があるのではないでしょうか。
大東市で執り行われるお葬式といえば、一般葬がポピュラーです。
一般葬はいわゆる「お葬式」と呼べるスタイルの葬儀で、仏式の儀式に則って行われます。
お通夜・告別式・出棺という流れで執り行われ、お通夜から出棺までには2日必要です。
ただ、生活スタイルが多様化しているように、お葬式のスタイルも多様化している事から、大東市では一般葬以外の葬儀スタイルも、執り行われるケースが増えてきました。
一般葬と同じくらい増えているのが家族葬です。
家族葬は家族と、故人の身近な親族のみが参列できる、葬儀スタイルの事を言います。
家族葬と同じスタイルと勘違いされがちな密葬は、親族も参列せず故人の家族のみで葬儀を執り行うのが特徴です。
密葬を取り行った後、後日「お別れ会」という形で式を行うケースも少なくありません。
お葬式を簡略化したいという方には、一日葬や火葬式といったスタイルも選ばれているようです。
一日葬はお通夜を省いて、告別式のみを行うお葬式です。
1日のみ執り行うのが、一日葬の特徴となっています。
火葬式はお通夜・告別式も執り行わず、すぐに火葬を行うスタイルの葬儀で、合理性と経済性を考えた場合、最も理にかなっています。
他にも音楽葬や無宗教葬など様々な葬儀のスタイルがあり、お葬式は今は自由に執り行えるものとなっています。

スタイルや遺影など

葬儀会場

大東市で葬式を行うときは、そのスタイルを決めたり、遺影などを準備する必要が出てきます。
葬式場では申し込みを受け付けた後にこれらを聞いてくるので、スムーズに答えられるようにしておく必要があります。
すぐに決められない場合は説明をゆっくりと聞くこともできるので、限られた時間内で選択して準備していくことが大切です。
大東市の葬式場では、一般的な葬式のスタイルの他に、家族葬や直葬などといった形もあります。
これらを先に決めていかなければ、葬式場も準備ができません。
親戚とよく話し合いながら、葬式のスタイルをまずは決めていくことになります。
次に、遺影を準備するのに写真が必要です。
遺影にしたい写真を自宅で探し、それを葬式場に提出すれば背景を無地にして、きれいな大きさまで引き延ばしてくれます。
そして、故人に着せる服も聞かれます。
昔は白装束が一般的でしたが、今は故人が好きだった服を着せる動きが増えています。
故人の服を着せる場合も、速やかに用意しなければいけません。
大東市の葬式場では、棺に入れる物もあらかじめ聞かれます。
一般的に思い出の品や故人が好きだった物を入れていきますが、中には火葬の関係から棺に入れられない物もあります。
そのため、事前に選別が行われるので、細々としたトラブルが防げます。
このように、葬式場ではスムーズに葬式が行えるように、選択や準備を遺族側に求めてきます。
大東市のほとんどのところでは、分かりやすい説明やアドバイスを行っているので、選択に悩んだり慌ただしくならないように配慮してくれます。

喪主の役割

メンズ

遺族を代表するのが喪主です。大東市でお葬式をすることになったら、業者や葬儀スタイルや予算など、様々な場面で最終的な決断をするのが喪主の役割です。また、お葬式を開催すると、遺族を代表してお礼の言葉を述べる喪主の挨拶があります。

もっと読む

参列できない時のマナー

空

大東市で行われるお葬式に参列できない場合は、お悔やみの気持ちを表すために会場に弔電を送ります。また、参列できなかったことを詫びる言葉とお悔やみの言葉を添えたお悔やみ状と香典を故人の自宅宛に郵送しておくことも大切です。

もっと読む

参列の際の服装

花

大東市で葬式が行われるようになった際、どのような格好で参列すれば良いか迷う人もいるかもしれません。慣れない人は失礼にならないか気になることもあるでしょうが、細かいマナーを抜きにしても守るべきポイントを押さえておけば問題ないはずです。

もっと読む