参列の際の服装

落ち着いた格好にする

花

故人との最期のお別れをする大事な葬式には、お通夜や葬儀、告別式などがあります。
大東市でこれらの葬式が執り行われることになった際、どのような格好をして参列すれば良いか、慣れない人では非常に気になるところです。
近年では家族葬など細かい手順を省いた葬儀を行うことも多いため、参列する機会の少ない時代となり、マナーなどに触れることもほとんどないでしょう。
しかし、大東市の葬式で細かいマナーを言い出すときりがないこともあり、最低限これだけは守るべきというポイントさえ押さえておけば、いざ大東市で参列することになったとしても問題ありません。
参列者は男性の場合、黒のフォーマルスーツに黒のネクタイ、あるいはダークスーツに黒のネクタイを着用します。
女性の場合は黒のフォーマルスーツかワンピースが基本で、それがなければ地味な色合いのスーツなどを用意します。
学生であれば制服が礼服となるので、そのまま出席して問題ありません。
アクセサリなどは基本的に装着しないようにし、女性の場合は真珠のネックレス程度にしておくと良いようです。
葬式に参列する際の服装は上記のようなもので、難しそうに思えますが、ポイントとしては派手にならないこと、黒を基調とした服装をすることさえ抑えておけば良いのです。
極端な話では年若くスーツを用意できない場合、落ち着いた雰囲気の黒系統の服装でも失礼になることはないでしょう。
大東市は葬儀場も多く、これから葬式に参列する機会も増える人もいるはずですが、これらのことを理解しておけば問題ありません。

忌み言葉とは

線香

大東市で執り行われる、お葬式に参列した事がある方も多いのではないでしょうか。
大阪府の東に位置する大東市は、周辺に大阪市などの自治体があります。
葬儀場やセレモニーホールがあるので、大東市民だけでなく周辺自治体の方も、大東市でお葬式を執り行うケースが多いようです。
お葬式に参列するという場合、様々なマナーを守らなければいけません。
マナー違反を犯してしまうと、白い目で見られてしまうでしょう。
お葬式に参列する際、注意したいものに「忌み言葉」というものが挙げられます。
忌み言葉とは通常の会話で使用しても、何ら問題ない言葉であっても、お葬式の場で使ってしまうと縁起が悪いと言われている言葉の事を言います。
忌み言葉は一般的な会話で使用する言葉が多く含まれているので、事前にチェックしておかないと、ついつい使ってしまうため注意しましょう。
忌み言葉としてはまた・重ね重ね・くれぐれもなど、繰り返す意味合いの言葉が含まれます。
もちろん、死ぬ・死去・死亡といった、直接的な言葉も忌み言葉となるので避けます。
死ぬは「お亡くなりになる」、死去は「御逝去」などの言葉に置き換えるのがマナーです。
他にも宗教ごとに忌み言葉があるので、事前に覚えておけば安心です。
大東市では仏式のお葬式が多く取り行われていますが、仏式の葬儀で「天国」といった言葉を使うのは、マナー違反とされています。
天国という概念はキリスト教で作られたものなので、仏式のお葬式にはふさわしくないと考えられているのです。
ついつい天国という言葉は使ってしまうので、忌み言葉として覚えておきましょう。

依頼するときのポイント

蝋燭

家族が亡くなったら通夜、葬式、告別式をして供養をするのが一般的です。
大東市の病院で家族が亡くなると、病院のほうから大東市の葬式業者を紹介してもらえるケースが多いです。
「病院が紹介してくれる葬式業者なら安心」と、言われるがままに引き受けるのではなく、しっかり説明を受けて見積りをもらうことが大切です。
病院側からの紹介を断わり、喪主が中心になって個人で探すこともできます。
大東市には沢山の葬式業者があり、家族葬や一日葬などの格安葬儀から社葬などの団体葬までできます。
いくつかに問い合わせをして、好みの葬儀プランがある葬式業者を探してみるのがお勧めです。
葬式業者は365日24時間いつでも電話を受けつけていて、フリーダイヤルなので電話代無料です。
電話をすれば葬式業者のスタッフが病院まで来て遺体を搬送してくれます。
遺体の搬送からすでに葬式業者のサービスは始まっていて、だいたい葬儀プランに含まれています。
遺体が安置場に運ばれたら、喪主と葬式業者のスタッフとで通夜、葬儀、告別式の打ち合わせをするのが一般的です。
決めなければいけないことは、大東市のどこのホールでするかや、宗教、通夜や告別式の日時、祭壇のランクや種類、返礼品や香典返しの種類など沢山あります。
ホールの規模や参列者に配る返礼品や香典返しの数は、参列者の人数によって左右されます。
従って、参列者がどのくらいの人数になりそうなのか、あらかじめ目安をつけておくことが大切です。

喪主の役割

メンズ

遺族を代表するのが喪主です。大東市でお葬式をすることになったら、業者や葬儀スタイルや予算など、様々な場面で最終的な決断をするのが喪主の役割です。また、お葬式を開催すると、遺族を代表してお礼の言葉を述べる喪主の挨拶があります。

もっと読む

参列できない時のマナー

空

大東市で行われるお葬式に参列できない場合は、お悔やみの気持ちを表すために会場に弔電を送ります。また、参列できなかったことを詫びる言葉とお悔やみの言葉を添えたお悔やみ状と香典を故人の自宅宛に郵送しておくことも大切です。

もっと読む

参列の際の服装

花

大東市で葬式が行われるようになった際、どのような格好で参列すれば良いか迷う人もいるかもしれません。慣れない人は失礼にならないか気になることもあるでしょうが、細かいマナーを抜きにしても守るべきポイントを押さえておけば問題ないはずです。

もっと読む